2010年10月04日

Club Mercuryにてライブしてきました。

10/3、本町にあるClub Mercuryにて
ライブやってきました。


お足元悪い中、
本当に多くの方にお越しいただいて、ありがとうございました。
目標動員は5人だったのですが、
10人以上の方に来ていただきました。
他のお客さんも入れると、相当いっぱいという感じで
正直ビビリました(笑)

残念ながら今回これなかった皆さん、
また11/20に同じ場所でやりますので、是非遊びにきてください!!!
今回来ていただいた方、次はもっとがんばります。是非ひとつよろしくお願いします。


おわってからは客席で酔っ払いのオッサンやってました。
楽しかったわぁーーーー



みんな実力あるバンドさんで、うまかったなぁー。
バンドは生のノリがあってうらやましいです。
初めて聞かせていただく方がほとんどでしたが、
個人的には、特にClipNoteさんが好きでした。


みなさん、本当にありがとうございました。
みなさんに「支えられてるなぁ」とも思いました。


posted by project-P at 00:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

エレクトロ系インスト新曲(6.20追記)

作ってますー

http://global.atlas.vc/dl/yk-tk.mp3

8割がた完成しました。
とりあえず最後まで作れたという感じ。


Twistっていうエフェクト系素材集のデモソングがかっこよすぎて、
それにインスパイアされてエレクトロ系のやつをつくってみました。
手法的にも、
サンプリングして、サンプルをブツブツに切断して、
並べ替えて、フェードインさせて、エフェクト挟んで。。。

たぶん生まれて初めて
テクノ的なアプローチで作っているような気がします。


コード弾きしたものをサンプリングしたりするには
ハードシンセが便利だったりしますね。
久々にX-stationとかKARMAの音を使いました。
ブツブツに切断されたシンセの音はX-stationやらKARMAの音です。

シーケンスとかベースの音はNexusのFuture arpとかFMとかから。
ギターはブツブツのサンプルをReason NN-XTに読み込んで
ステレオに飛ぶようにSpread調整したり
実はちょっとだけハイパスフィルターをS-H気味にかけていたり。



ちなみにインスパイア元であるTWISTの音も
ふんだんに使っておりますー
あと兄弟格のRISEとかも。

http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=90318

ちなみに僕は

http://www.producerloops.com/

こちらで買うことが多いのですがね。安いので。
ただし、分割ダウンロードできないのが難点。。。



ミキシング的には、
少し前のエントリーに書いたように
マルチバンドコンプをやめて
かわりにトラックコンプ(IK-multimediaの黄色コンプ)やら
リミッター(REAPER付属のJSプラグイン)やらを多用。
今回は相当音量突っ込んでいるのですが、
結構分離感があってちゃんと聞けると思います。

問題は空間系の処理。
リズム系をのぞいて
リバーブはすべてカットした状態になっているのですが、
今後リバーブを入れていくべきか、
入れるとしたらどの程度入れて、ミックスバランスがどうなるのか。

どうも最近はリバーブ入れてミックスがだめになる傾向があるので
その辺が難しいところです。。。

posted by project-P at 19:23| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

歌詞とかコンセプトとかそういう話

「打ち込みで音楽を作っている」というと
どうしても

「シンセサイザーの音を作りたい人」
「インストでもよくて歌なんてどうでもいい」
「メロディがシンセとかだと寂しいから
とって付けた様な歌詞に乗せて歌声を入れているだけ」

みたいなイメージをもたれるのですが、
僕としては、特に歌モノを作っているときはそういうわけじゃなくて、
意外とシンセサイザーで音を作ったりする以上に
「歌詞をセットでこういう世界観を表現したい」、
というのがあるのです。


僕は、昔から何かしら表現するというのが好きで、
小学校のときは漫画を描いていたし、
ブログをだらだら書くのも好きだし、
「RPGツクール」でゲームを作ったりもしていたし、
最近はショートショートの小説を作ってみたりもしてます。


要するにコンセプトが最初にあって、
あとはそれをどういう手段で表現するか、
そこに尽きるような気がします。


で、自分としては基本的には歌が表現しやすいし
事実作品数としても歌モノが一番多いわけですが、
表現方式は別に歌である必然性はまったくないのかなぁ、
とも思ったりします。


「コンセプトを音楽で表現する」という点で考えると、
歌モノを作るときは歌詞から出来上がるのが
実は一番理想的だと思っているくらいです。
歌詞全部とまではいかなくても、
キーワード、フックとなるフレーズを作って、
そこにメロディを当てはめて、
あとはメロディとアレンジと作詞がマトリクスのように出来上がるような。。。


とはいえ、なかなか理想どおりには行かないし、
フックとなるフレーズができても
つなぎとなる言葉やメロディがグダグダになったりして
なかなか表現したいコンセプトを満足に表現できない、
そんなもどかしさと戦ったりしています。
なかなか技術やセンスが追いついてくれないですね。
あと、どうしても人生経験に乏しいから、
コンセプトの方向性がどうしても偏ってしまったりとか。



それでもって、
僕の周りではどうしてもアレンジャーとかミックスエンジニア的な
需要が高かったりするので
それもまた僕を必要としてもらっている点では
ありがたい話ではあるけど、
もどかしい点だったりもするわけです。
posted by project-P at 00:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。