2013年10月17日

作詞論2

作詞論を書く構想をいろいろと考えていたのですが、
だんだん自分の中でもうまく体系化することができなくなってきました。
まぁ元も子もない話をすると、
クリエイティビティの世界に正解も不正解もありませんからね。

もっともらしく、中身のない話を色々と書いていきます。


この前は具体化(ミクロ化)の話をしましたが、
具体的な話を逐一書いていったところで、
それは日記です。
まぁ日記をそのまま歌詞にしてしまうのも斬新な試みかもしれませんが、
それをもう一度抽象化する作業が、普通は、いります。


いきなり話が横にそれますが、
とある作詞家が、
「作詞家の仕事は、いかに「愛してる」という言葉を使わずに「愛してる」と伝えるかだ」
みたいなことを言っていました。
作詞のトレーニングとして、
「愛してる」とか、「悲しい」とか、「うれしい」とか、
ストレートな言葉をいかに別の言葉で表現できるか、
思いつくだけ書いてみるというのは面白いかもしれません。
僕はやったことないけど。

僕の場合、Passageとか、メッセージを伝えたい曲を書くときは
比較的メッセージをそのまま書くことが多いのですが、
人の心の機微を描く曲の場合、
できるだけオブラートに包んだり、たとえ話にしたり、
とにかく「そのまま書かない」ことを考えています。

そして、抽象化というのは、
まっすぐ(可逆的に)抽象化しては面白くなく、
色眼鏡を通したり、ある意味解像度の悪い抽象化をしたほうが
その色眼鏡のカラーも出てきて、歌詞に面白みが出てくると考えています。
私はそれを「言葉の化学反応」と考えていて、
これまで、恋愛とデジタル、恋愛と現代物理学みたいに、
できるだけ無機質な色眼鏡を使って歌詞を書く試みをしてきました。

まぁケーススタディはまた機会があれば紹介しようと思います。


とはいえ、歌詞に限らずですが、
メソッドだけで語れる世界ではないんですよね。
ストレートな言葉、
誰もが納得する言葉、
でも誰も語ったことのない(歌詞にしたことがない)言葉、
そういうのをスっとかける人が世の中にはいます。
それはもう、目の前にあった宝箱を持っていかれたような気分で、
作り手視点からすると、まさに「してやられた!!」なのですが、
結局、そういう言葉を拾ってくるアンテナの感度が
作り手に一番求められるセンスだという、
ごくごく当たり前の結論を書いたところで、夜も遅くなってきたので寝ます。


posted by project-P at 01:16| Comment(0) | 作曲・作詞関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

作詞論1

信長の野望-創造-をとうとう予約してしまいまして、
もう11月14日から廃人になることはほぼ確定です。

それまでに曲を作ったりしないといけないわけですが、
古いパソコンの後始末とか、
飲み会とか飲み会とか、
新作曲環境もまだしっくり来ない部分があったりして、
色々と四苦八苦しております。


さて、そんな中、
歌ものを作るヒントとして、
歌詞や歌詞のヒントとなるキーワード、テーマなどを
思いつくままにちょくちょくと書いております。
しかし今は、「何も書かないより何か書いたほうがましだ」レベルです。
「眠い」とか「温泉行きたい」とか。日記レベルのこととか。
でもまぁそこで書かれたことから実際の歌詞が出来上がっていくこともあるので、
それはそれでよいのです(悲しいかなほとんど歌詞に結びつくことはないんですがね)。


ここから、作詞論というほどたいしたことではないのですが、
僕が普段作詞をしているときにどういうことを考えたりしている
(考えたいと思っている)のか、少しだけ書きます。

「具体化(ミクロ化といえるかもしれない)と抽象化(マクロ化といるかもしれない)」です。


まず、「具体化」について。

アイデアを膨らます段階として、
いわゆる5W1Hなどを次から次へと問題提起し、
どんどん膨らましていきます。


「温泉行きたい」
いつ?どんな温泉?人の多いところ?少ないところ?
秘境?宿?

どうして温泉に行きたい?
疲れているから。
どのように疲れている?肉体的に?精神的に?
精神的に。いったい何があった。


こんな問答を繰り返しているうちに面白いストーリーなどが出てくることがあったりします。


まぁちょっと温泉は例が悪かったかもしれませんが、
J-popの定番テーマである「会いたくて会えない」にしても、
どのように会えないのか?
1 今すぐに会えない
2 ぜんぜん会えない

1の場合、、、
明日なら会える?どこで?学校で?デートで?
それでも今すぐ会いたい?じゃあ何をする?電話?メール?

2の場合、、、
どうして?距離が離れすぎているから?
距離とは、物理的な距離?精神的な距離?
精神的な距離ってそもそもなに?
趣味が合わないの?恋愛感が合わない?

そんな感じで具体化していくとストーリーができあがり、
歌詞のタネになりそうなシチュエーションができてくるのです。


今は「温泉行きたい」とか「会いたくて会えない」
レベルの言葉を歌詞になるならないを別にして並び立てている段階でしょうか。


あと、最近少し思うのは、
このやり方でも、どうしても根本にあるものが
今自分のやっていることや自分の関心のあるものに偏りがちになるので、
いろいろな人の話を聞いたり、飲みに行ったり、本を読んだりして、
そしてそこでの新鮮な感想を箇条書きでも何でもいので文字に残しておき、
歌詞作りのタネとしてストックしていくことが大事なのかなぁと
最近思ったりしております。
posted by project-P at 04:26| Comment(2) | 作曲・作詞関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

コード進行と人生について

みなさん、クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、見事に風邪をひいてしまいました。


これはきっと、
「最近買った鉄道土建ゲームをやりなさいという
鉄道土建ゲームの神様の思し召しだ」と思い、
連休中の起きている時間は鉄道土建ゲームのダイヤ作成などに勤しんでいました。

a9-3.JPG

a9-4.JPG

お陰様で、自分の中ではかなり理想的な環状線のダイヤが完成し、
朝ラッシュ時に70人しか乗客のいない8両編成の電車が
過密ダイヤで行き交うさまを満足げに眺めていました。


本当は都心と周辺都市や住宅街を結ぶ路線(快速列車やら特別快速やらが行き交う路線)
を作るのが最終目標ではあるのですが、
環状線ができた時点で結構満足してしまい、
無理してゲームをする必要も全くないので、
また少し音楽制作に軸足を移そうかと考えております。


最近、

http://ameblo.jp/ongakuriron/

このへんのブログなどをちょくちょく拝見しております。
J-popや邦楽、果ては駅の発車メロディまで、
いろいろな音楽のコード進行をやたらハイテンションで解説するサイトです。
さすがにプロ第一線の音楽が題材ですので、
全く音楽理論知りませんって人には難しいかもしれませんが、
ダイアトニックの基礎と、その代理となるコードが色々ありますってくらい分かっていると、
面白いかもしれません。

このへんを参考に、今後は、

・ノンダイアトニックを適度に使うように心がける
・安易にコピーアンドペーストに走らないように心がける

ことを目標に音楽を作っていこうと思います。


さて、歌詞にストーリーがあるように、
メロディやコード進行にもストーリーがあります。

コード理論は、「不安にさせて安心させる」というのが基本的な考え方です。
一番基本的なコード進行は、「起立→礼→着席」です。
起立と着席のコード(ドミソ)が「安定」しているコード、
礼のコード(ソシレ)が「不安定」なコード、
なので、「安定」→「不安定」→「安定」、めでたしめでたし、というわけです。

※専門用語では、「安定」している状態のコードを「トニック」といい、
「不安定」な状態のコードを「ドミナント」といい、
「不安定」から「安定」に向かうことを「ドミナントモーション」とか、
「ドミナント解決」などといいます。


ただ、それだけだとつまらない、それは物語でも音楽でも同じです。
問題は、「どの段階でどの程度不安定にして、どの程度リスナーを裏切って、どうやって安心させるか」
そのさじ加減とそれを表現する引き出しです。
そこがまさに作曲家の腕の見せ所であり、
音楽理論が発達してきたポイントでもあると考えています。

その考え方を発展させてくると、
コード進行や曲全体の展開のさせ方にストーリーや人生を見出すことも可能かもしれません。

ドミナントモーションできれいに解決する流れは
まさに「自分の思っていたことが実現する」状態ですし、
中途半端に解決する流れ(「偽終止」といいます)は
「実現したはずだけど心のどこかにわだかまりが残っている」状態ですし、
コード進行させずにひとつのコードを引っ張るのは
「特にすることもなくダラダラしている」状態ですし、
突如として現れるノンダイアトニックコードは「人生のハプニング」、
そこから転調してしまったら「ハプニングから想像もつかない世界に飛び込んでしまった」状態。

そういうふうに見るとコード理論もロマンチックなんじゃないかなぁと思います。


そして、いざ作っている最中は
そんなに俯瞰して捉えられないところも同じです、僕の場合は。


来年、機会があったら「初級コード理論と人生について」
作曲講座を開きたいなぁと思ったりしております。
その構想は果たして「解決」されるのでしょうか?
posted by project-P at 00:54| Comment(0) | 作曲・作詞関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。