2014年12月09日

Link! Liveのお礼とか機材周りの話色々

12月は肝臓鍛錬月間になりそうなパンチョスですこんばんは。


12月6日、Link! Liveにお越し下さり、ありがとうございましたー!

弱気なつぶやきが続いていたとおり、
腰痛、指のケガ、そして実は2日前の夜に急に足がつって一瞬歩きにくくなったりなど、
まさに満身創痍でした。

しかし、無事にライブを終えることが出来ました。
本番、大きなトラブルもなく、
お客さんに暖かく受け入れてもらいながらできたことが何よりうれしいです。
せっかくのアンコールをいただきながら、
全然曲を用意していなかったので、お応えすることが出来ずにすみませんでした。
今後、トリでやるときは気をつけようと思います(!?)

セットリスト:

(Opening) God has Come
1 Crazy about You
2 RNDM Walkers
3 月光(project-P 即興シンセソロ)
4 Eye Opener
5 filled with you(project-P Remix)


そして、次のライブは、ラーメンEXPO2014です。
http://ramen-expo.com/

はじめての野外、しかも、とんでもなく人のいるところです
(音楽を聞き入っている人が何人いるかは、別の話)。

12月23日(祝日) 12時からステージ予定です。
ラーメンが好きな人は、入場無料ですし、
ぜひお越しくださいませー


さて、次の日はナカムラタイチさんと機材屋巡りをしたり、
ライブが終わっても結構音楽モードです。

色々書きたいことはあるのですが、スペースの都合上、
断片的に、箇条書きに書いていきます。
また気が向けば掘り下げていきます。


○ Studio OneとReaperの音質について

もしかしたら、Reaperの"Pan Law"が、デフォルトで0dbとなっており、
パンを頑張って振ってもセンターに音がかたまるような感じになっていたのが、
音質が悪いとか、飽和してしまうとかの原因ではないのだろうか説が発生。

一方、確実に発生する現象として、
Studio Oneは、標準搭載のDelay以外だと、
リージョンが終わった途端に一気にDelayのウエット成分が減衰してしまうことが判明。

よって、どちらが音質がいいのかは、
もう一度検証する必要があるのかなぁと思っています。
今回のアルバムも、実はCrazy about Youと朝が来るまで...は
最後の最後でReaperでミックスやり直したやつを採用しました。


○ Black Friday
購入したやつ

・Slate DigitalのVirtual MixRack
http://www.slatedigital.com/products/vmr

・Synapse AudioのDune2
http://www.synapse-audio.com/dune2.html

・kv331audioのSynthmaster2.6(プリセット全部入り) ※Zedd絶賛!!
http://www.kv331audio.com/


今回は特にシンセを強化しました。
Dune2にSynthmaster、どっちもすごくいい音です。
いずれもEDMやTranceに合いそうな、
距離感の近い音を出してくれます。
定番となりつつあるSylenth1は持っていないのですが、
この2つでかなりパリっとしたシンセの音の入った曲を作っていけると思います。
今後の主力シンセになりそうな予感。
でも、音の作り方が、わかるようでわからんですなぁ。


○ オーディオインターフェース
最初はFocusriteのScarlet2i4にしようかと思っていたのですが、
Komplete Audio6のほうが安いし、色々融通効きそうな予感。
Focusrite買うなら、思い切ってforteを買うべきだと思うのですが、
外部電源供給がないと出力が弱くなってしまったりとか
どうも思い切れないんですよねぇ。


posted by project-P at 00:38| Comment(0) | 作曲・作詞関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。