2014年09月16日

Panda AudioのMidiBeamでMIDIの無線化をする

湯泉地温泉泉湯はなかなか素晴らしかったです。
パンチョスですこんばんは。

さて、前々からショルキーのMIDI信号を無線で飛ばしたいなぁと思っていたのですが、
VORTEXのワイヤレスバージョンは売り切れで次回入荷は未定だし
(噂では10月に入荷があるかもとのことですが)、
その他のワイヤレスMIDIも売り切れだったり高かったりで困っていたのですが、
色々調べていたらPanda Audioというハンガリーのメーカーが
MidiBeamという機材を売っている、ということが判明。

http://pandamidi.com/
http://pandamidi.com/midibeam/

みたところ、性能が圧倒的によく(レイテンシが0.3msで、250m無線を飛ばせるらしい)、
価格も一番安かった(99ユーロ・送料税金別 ※結局、2万円強になります)ので、
日本人の人柱になってやろうじゃないかと思い、購入。

購入手続きは、
「buy now」ボタンをクリックして、
paypalアカウントから支払い手続きをするだけです。
そうすれば、paypalに登録されている
配達先住所に送ってくれます。

ただ、ハンガリーのメーカーですので、
日本語の住所だと文字化けする可能性があります。
半角の英数字のみの住所表記を選択しないとだめです。


〒101-0001
1chome-1-1, Marunouchi
Chiyoda-ku, Tokyo, Japan


みたいな感じです。
Japanが「日本」となっている可能性もあるので、
paypalにある「Add special instructions to the seller」機能を使って
英語表記の住所を念の為に記載しておいたほうがよいでしょう。
僕はそうしました。

そうすると、「入金確認できたので今日中にでも配送しまっせ」的なe-mailが来まして、
そこから1週間〜2週間くらいで到着です
(メールは14日〜21日と書いてますが、私は10日位で着きました)。

midi_beam.jpg

こんなかんじです。非常に小さくて軽いです。

左側にあるのがパソコンにUSB接続するレシーバー、
右側がmidiコン(ショルキー)のMidi Outに接続するトランスミッターです。

なお、次のものはあらかじめ用意が必要です。

・mini USBケーブル(近年のモバイル機器の多くはmicro USBなので別途購入がいるかも)
・単4電池2本(トランスミッターの電源。66時間持つらしい)

レシーバーは、パソコンにUSB接続すると、
自動的にドライバをインストールします
(windows updateに接続などとあったので、もしかしたらネット環境が必要かもしれません)。
あと、トランスミッターですが、
裏側をネジで外してずらしてやると電池を入れるところが現れます。
また、トランスミッターのショッルキーへの据え付けは、
同梱の粘着テープ付きマジックテープを使えば可能です。

最後は、トランスミッターの電池を入れて、
トランスミッターとレシーバーの「pairing」ボタンを長押ししたら
送信準備完了です。
そして、無事にワイヤレスでMIDI信号を送信することに成功しました!!
これで念願のショルキーのワイヤレス化が完了です
(スペック通りなら250m離れたところから演奏できるはず 笑)。

うっかり初代VORTEXを買ってしまって、
無線でMidiを飛ばせずに困っている人には超オススメです。
本当は、ワイヤレスUSBがもっと普及してくれればよかったんだけど。。。
posted by project-P at 01:24| Comment(3) | 作曲・作詞関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンチョスさん、お邪魔します。
同じ悩みを抱えててこちらにたどり着きました。
ご使用のPCは、windowsでしょうか。
製品サイトを見ても、プラットフォームに関するシステム要件の記載が無かったので、macでも使えるのかなぁ、、、みたいな感じです^^
Posted by しんのすけ at 2014年12月14日 15:25
>しんのすけ様
私はwindowsを使用しています。
確かに、HPではMACで使えるのか、書かれていませんが、
アップデートのインストール手順を見ると
Mac Userのインストール手順が書かれていたので、
Macでも使えると思いますよ!
Posted by project-P at 2014年12月28日 16:14
初めまして。midiBeamに興味を持ってこちらのサイトに辿り着きました。
大変興味深く参考にさせて頂いております。

ここで聞いて良いのか恐れ入りますが、電波法とかもクリアしているツールなのでしょうか?

というのも、今は亡き某社のW◯IDIが越えられなかった壁ですので…

Posted by ヴァイオレット at 2016年04月12日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: