2014年03月25日

JANNY氏3マンライブ終了

最近、過疎地のあり方に関心が湧きつつあります。
パンチョスですこんばんは。


さて、金曜はJANNY氏主催の3マンライブでした。



職場の人を中心に、沢山の人にお越しいただき、
非常に盛況のライブとなりました。
ありがとうございました。



もともと、私はJANNY氏のツッコミどころ満載のパフォーマンスやら
ストレートでピュアすぎるブログやらに魅了され、
十三テハンノのライブハウスにちょくちょく遊びに行っていたところ、
同じくJANNY氏を追い掛け回していた
和歌山のプロデザイナーの方々(studio304)と意気投合
(一時期、1年間近くJANNY氏の曲だけを聴き続けたとか)。
その後、JANNY氏をめぐって地道な交流を続け、
昨年5月にproject-P初主催のライブを行い、
そして第2回はJANNY氏主催のライブと相成ったわけでございます。

http://www.eonet.ne.jp/~304/


改めて思うことは、
JANNY氏の愛され方が半端無いということでした。

東京の某大手出版社で
連日深夜まで経理に追われているみつぐも
JANNYスーパーライブを見るために
無理やり東京から大阪にやって来る有り様でした。



和歌山のジャニヲタ(studio304)の方々は、
昔JANNY氏が音楽雑誌に投稿して色々と批評されていた記事を見るにつけ、

「この批評家が間違っている。JANNY氏の魅力を全くわかっていない」
「Be in silence timeのイントロのオケヒを差し替えろとか、
バカボンのパパにヒゲを取り替えろというのと同じ」と一蹴。

そして、JANNYリスペクトあふれる楽曲を
次から次へと披露していました。
ア○ルファイヤーは、
昔、私がちょくちょく聴いていた
「天誅」というヲタポップユニットを彷彿とさせる、
七五調が小気味いいトラックでした。


今回はJANNY氏のパフォーマンスに
磨きがかかっていました。
前半はブルージーなブルースハープソロを聴かせて
真面目路線で行くのかとおもいきや、
後半戦はJANNYワールド全開。

・俺は口説き屋
・オシャレにハートブレイク
・犬のおまわりさん(JANNYスーパーアレンジ)
・牛

この辺りはリスナーを殺しにかかってきていました。
いぬのおまわりさんがすごかった。
メロディと犬や猫のサンプルボイスを合わせようとしながら
結局ピッチを外して最後カオスになるのは
もうJANNY氏の様式美としか言いようがありませんでした。

新曲の「君と相合い傘」(かな?)もよかった。

 ♪君と相合い傘 僕はないない傘♪

というセンスあふれる歌詞をリフレインさせながら
相合傘をイメージした独特の振付けでファンの心を鷲掴み。
と思ったら、一番が終わったところで突然終了。
続きは作っていないらしい。
作りかけの曲を作りかけのままブツ切りでライブにしてしまうのもまた
JANNY氏の様式美。



そして最後はJANNY project-Pエクストラバンドということで、
self-addiction(JANNYスーパーアレンジ)と
Joy to thr Love(JANNYスーパーアレンジ)をやって終了でした。


ちなみに、project-Pは

Key of Love(Spare Key Remix)
floationg times(新曲)
That's all I want to do(新曲)
nocturne
Passage(パンチョス弾き語りver.)
on the tight rope

をやりました。
新曲ができたのが良かったです。


posted by project-P at 02:14| Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。