2012年12月05日

JANNY氏ツーマンライブ

パンチョスですこんばんは。


日曜、音楽仲間のJANNY氏のツーマンライブを見に行ってきました。

JANNY氏とはいつぞやのシンセサイザーフェスタのクリエーター交流スペースで出会い、
Link!Liveにも出演したりしていて、
その後彼のホームページやらブログやらが
あまりにも突っ込みどころ満載であることを発見し、、
友人数名と突っ込みながら毎日ブログをチェックしています。

http://lovefriendslover.web.fc2.com/外部リンク

今回もJANNYのブログをチェックしてツッコミを入れている友人と
遊びに行ってきました。

ライブも相変わらず突っ込みどころ満載で楽しかったです。

新曲『オシャレにハートブレイク』

僕の心鷲掴みのハイセンスなタイトルです。
中身は、意中の女の子と六本木デートしようと
アルマーニのスーツでキメていったら、
道中バッタリ出会った友人に
その子、別の男とラブラブだったよと言われてヘコむという歌詞を
寸劇風のラップで歌っていました。というか、一人寸劇でした。

歌詞も、「東京の地名をいっぱい入れました」ということでしたが、
六本木にハチ公があったり、カオスな東京でした。


その後も、
桶狭間の戦いに全然関係ない武将がいたり、
牛の世話をする農家の歌で農夫は牛小屋で寝泊まりしていたり、
突っ込みどころが散見される歌詞の歌を
次から次へと繰り出していました。
歌詞に対して客席から「え!?」って疑問の声と
失笑が漏れてくるライブ、初めてでした。

で、今回収穫だったのは、
そんなJANNY氏のファンが僕以外にもいたということです。
JANNY氏を追っかけているのは僕とその周り数名だけだと思っていたのですが。
しかも、4人も。
しかも、和歌山でクリエイティブなお仕事をされていたり。
まさかJANNY氏の曲名でトークできる人がいるとは思わなかった。
貴重なジャニオタ仲間として、早速友達になりました。


で、そのジャニオタのみなさんとジャニートークをしていたのですが、
彼の音楽に流れる精神は、まさにパンクであると。
僕も全く同感です。
しかも、「俺パンクやってるんだぜ!」という要素が皆無で、
本人はいたって真剣に音楽と向かい合っているところが
よりパンクらしくてよいです。
そして、自由。自由すぎるくらいに自由。
これまた、自由を狙っていないところが、また良い。

ジャニヲタのみなさんは、
「こんなライブが出来るのは大阪で彼だけだろう」
と満足して帰って行かれました。


僕もジャニーさんの期待の斜め上を行くサプライズ
(そのほとんどは本人も意図しないものだとおもわれるが)と
まさかのジャニオタ仲間ができたのとで大満足でした。
またジャニオタの皆さんと
JANNY氏の音楽やらブログやらにツッコミを入れつつ、
ジャニーさんの音楽について熱く語り合いたいものです。


posted by project-P at 01:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。